1. TOP
  2. 持って行って良かったもの、悪かったもの

持って行って良かったもの、悪かったもの

 2013/11/07 ローマ
この記事は約 2 分で読めます。 1,136 Views

イタリア旅行に持って行ってよかったものとして、デジタルカメラなんかを首からかけておけるストラップ。写真をとるのにいちいちバックを開けるのはめんどくさいし、危ないです。でも、カメラが丸見え状態なのも危ない。そこで、胸元にポケットが付いた上着を着ておけば、首からカメラを下げて、ポケットに隠すことができます。周りから見えませんし、安全です。お腹まわりにしかポケットがない場合は、ストラップが長いものを用意するといいと思います。

あと寒い時にはホッカイロが役立ちます。スーツケースの大きさによって、荷物が制限されますが、ホッカイロならかさばりません。イタリアの夜は、本当に冷え込みます。お腹に張っておくだけで、旅行中に体調を崩したりするのを防げるのであれば、安いものです。

反対にいらなかったものは、イタリア語会話帳ですね。

意外と英語が通じます。ホテルのフロントはまず英語ですし、お店に行った時も簡単な英語で会話ができます。トラットリアなんかも、英語メニューを置いてあるお店が多いので、そういう所を選べば大丈夫です。

逆に、会話帳を指さしながらだと、コミュニケーションが上手く取れないんです。下手でも伝えようという意志があれば、英語は通じます。わかってもらえます。簡単な挨拶、美味しいとか、お会計おねがいします。(これ重要です。英語でもいいので言えるようにしておきましょう。)ぐらいを旅行前に覚えておけば大丈夫です。

s-anti_ch0c0late_-10

\ SNSでシェアしよう! /

イタリア旅行記の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イタリア旅行記の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

admin

この人が書いた記事  記事一覧

  • 持って行って良かったもの、悪かったもの

  • おみやげの買い方

  • コロッセオのチケット攻略法

  • 鉄道で怖かった体験

関連記事

  • 鉄道で怖かった体験

  • コロッセオのチケット攻略法

  • おみやげの買い方